プリンタインクの種類について

毎年年末になると各メーカーは新しいプリンターを販売します。これは多くの人々が、年賀状などを作成する時期であり、1年の中で最もプリンターが売れる時期でもあるのです。そのため、この時期にプリンターを購入するととてもお得になる事があります。プリンターと言うものは、主に1年に1度新しい製品が販売されるわけですが、この時古い機種はかなり安い価格で販売されるのです。特別最新式でなくても良いと言う場合は断然前の機種がお勧めなのです。と言っても、最近のプリンターはとても安価であり、前の機種を購入するよりも性能が良くなっていますから特別前の機種を購入するほどでもないとも言えます。しかしながら、新品のプリンターが、新製品の半値で売られていたらやはり手が出てしまうのではないでしょうか。プリンターが販売されると同時に、インターネットの中ではプリンタインクの安売りなどが行われます。


プリンタインクは、プリンターに合う物を利用しなくてはなりませんので、くれぐれも間違えて購入をしないようにしなくてはなりません。また、プリンターの種類によって、4色タイプ、6色タイプ、7色タイプ、8色タイプなどがありますので、自分のプリンターにインクがどのタイプであるのかも把握しておく必要があります。因みに、4色タイプのインクは、ブラック、シアン、マゼンダ、イエローと言う4色になります。6色タイプのインクは、ブラック、シアン、マゼンダ、イエローという4色に、ライトシアンやライトマゼンダと言う色を2色加えた物となります。因みに、このライトシアンやライトマゼンダと言うプリンタインクは、写真用のシアンやマゼンダになると言います。メーカーによってはライトと言うネーミングにならない場合もあるので注意が必要です。さて、7色のプリンタインクにはどのような色があるのでしょうか。この7色プリンタインクは、ブラックが2つあるタイプです。1つは白黒用としてのブラックとして利用し、もう1つはカラー用としてのブラックとして利用するものです。これですと、白黒を多く利用する場合、カラー用の黒を利用しませんので、長持ちすると言う利点があるのです。


ブラックが1つですと、カラーでも黒を利用しますし、白黒でも黒が利用されるわけですから、黒のインクの消耗が激しいのです。その点、ブラックインクが白黒とカラー用に分けられていると消耗の頻度は少なくなるという利点があるのです。