プリンタインクは純正以外のインクであればどれも激安です

インクジェット式のプリンタインクはどのプリンタメーカーのプリンタインクでも結構な値段がします。本体が安くて購入したのはいいがインクが無くなって購入しようとすると本体に値段からは想像できないあまりの高さに驚いてしまいます。大型の電気店の別の棚には互換の非常に激安のプリンタインクが置いてあるのを見ますが、最初はどうしても購入に踏み切れません。もしこの互換インクを使用してプリンタ本体が故障したら保障が受けられないのではという疑念や恐れが付きまといます。実際に過去にはこのようなプリンタインクを使用してインクが詰まったとかがあったようです。しかし、最近は互換インクの技術も向上したようでそのようなことはめったには起きていませんしプリンタ本体が壊れるということも無いようです。ただ、問題になるのは写真印刷の高品位での印刷の場合、微妙な色の違いがあるようです。


これも一般の人には見分けがつき難いと思います。互換のインクにもいろいろあり、それぞれリスクや価格も違います。通常の純正インクはプリンタメーカーが保障しているものなので全く問題はありませんが、一番高価です。激安インクの一番目は互換の汎用のインクと呼ばれるもので、プリンタのメーカー以外のメーカーが純正のプリンタインクの互換のインクとして作ったものでカートリッジも全て新品です。純正より安価で勿論問題なく使用できますが、高品位写真印刷に関しては微妙に違うこともあります。二番目の激安インクはリサイクルインクという互換インクです。このインクは純正のカートリッジのリサイクルカートリッジに再度インクを詰め替えたものでインクは純正以外のインクを使用しています。カートリッジ入りのインクとしては一番安いかと思います。最後の激安インクは、純正メーカー以外のインクのみを購入し現状の手持ちの純正のカートリッジに自分で補充するもので、価格的には最も安い方法ですが補充のためのテクニックが必要になります。インクカートリッジは一般の人がインクを補充して使うことを想定していませんので慣れないとインクをこぼしたりうまく入れられなかったりと最初は悪戦苦闘します。


しかし慣れてくれば一番安いインクとなります。この補充用のインクのキットには特殊な工具のようなものが付属していますのし説明はあくまで純正カートリッジ対応なので純正以外の互換ようのカートリッジには適用しないほうが無難です。やはりインクは純正ではありませんので写真の色は微妙に異なるでしょう。このように激安の互換のインクはいろいろあり迷ってしまいますが、互換インクを使用するプリンタ本体が5年以上前のタイプなら手間も考慮し一番安い方法をとればよいですし、プリンタが比較的新しいモデルであればリスクの少ない互換プリンタインクを使用すればいいのではないかと思われます。